‘Diary’ カテゴリーのアーカイブ

index.htmlを自動で開きたいのに、なぜか403エラーで蹴られる

2011 年 2 月 18 日 金曜日

はぁはぁ、久々に嵌った。。

CentOS 5.4、Apache 2.2でWebサーバーを構築していた。
ルートディレクトリを変えたかったので、
/virtual/sampleDomain -> /var/www/html/sampleDomain/public_html に変えた。
ついでに、public_html下にあるスクリプトを保護しようと、
ルート直下のあるディレクトリに .htaccessでBasic認証を設定していた。

なんとなくhttp://sampleDomain/ で接続したら、403Forbidden って出る。
俺が何悪いことした~~~!!

どうしても負けられない戦いだと自分に言い聞かせながら、2時間格闘。
/etc/httpd/conf/httpd.conf は

<Directory /var/www/html>
DirectoryIndex index.html index.php index.cgi
Options Includes ExecCGI FollowSymLinks
</Directory>

になってるし、まちがってないはず。
バーチャルホストを設定していたので、そちらにも同様に記述した。

http://sampleDomain/index.html を叩くと、ちゃんとページが表示されるが、
http://sampleDomain/ では403エラー。なぜ??

んで、結論。
/var/www/html に.htaccessが隠れてたwww

別の場所にあったディレクトリごと、/var/www/htmlに移したので、
/var/www/html に置き忘れた.htaccess に気付かなかった。
そいつを取り除いたら見事に復活。

.htaccess は ls -a でないと見えないから、結構盲点だわーという話。

[Linux] さくらVPSでLinuxBenchを使ってみた

2010 年 9 月 6 日 月曜日

========================================================================

BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

System: www****u.sakura.ne.jp: GNU/Linux

OS: GNU/Linux — 2.6.18-194.8.1.el5 — #1 SMP Thu Jul 1 19:04:48 EDT 2010

Machine: x86_64 (x86_64)

Language: en_US.utf8 (charmap=”UTF-8″, collate=”UTF-8″)

CPU 0: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz (5319.5 bogomips)

x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET

CPU 1: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz (5355.1 bogomips)

x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET

10:48:13 up 3 days, 20:15,  1 user,  load average: 0.02, 0.02, 0.00; runlevel 3

————————————————————————

Benchmark Run: Mon Sep 06 2010 10:48:13 – 11:16:14

2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       13361230.4 lps   (10.0 s, 7 samples)

Double-Precision Whetstone                     2874.5 MWIPS (9.3 s, 7 samples)

Execl Throughput                               1668.3 lps   (30.0 s, 2 samples)

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        655221.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          196657.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1207073.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)

Pipe Throughput                             1877786.1 lps   (10.0 s, 7 samples)

Pipe-based Context Switching                  25135.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

Process Creation                               7715.3 lps   (30.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (1 concurrent)                   4155.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (8 concurrent)                   1200.1 lpm   (60.0 s, 2 samples)

System Call Overhead                        3277945.8 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX

Dhrystone 2 using register variables         116700.0   13361230.4   1144.9

Double-Precision Whetstone                       55.0       2874.5    522.6

Execl Throughput                                 43.0       1668.3    388.0

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     655221.4   1654.6

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     196657.6   1188.3

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1207073.5   2081.2

Pipe Throughput                               12440.0    1877786.1   1509.5

Pipe-based Context Switching                   4000.0      25135.7     62.8

Process Creation                                126.0       7715.3    612.3

Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       4155.5    980.1

Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1200.1   2000.1

System Call Overhead                          15000.0    3277945.8   2185.3

========

System Benchmarks Index Score                                         886.7

————————————————————————

Benchmark Run: Mon Sep 06 2010 11:16:14 – 11:44:27

2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       26528170.0 lps   (10.0 s, 7 samples)

Double-Precision Whetstone                     5742.7 MWIPS (9.5 s, 7 samples)

Execl Throughput                               6900.6 lps   (30.0 s, 2 samples)

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        242531.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           63860.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        487433.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)

Pipe Throughput                             3610466.8 lps   (10.0 s, 7 samples)

Pipe-based Context Switching                 689928.5 lps   (10.0 s, 7 samples)

Process Creation                              18318.5 lps   (30.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (1 concurrent)                   8476.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (8 concurrent)                   1345.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)

System Call Overhead                        5127418.0 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX

Dhrystone 2 using register variables         116700.0   26528170.0   2273.2

Double-Precision Whetstone                       55.0       5742.7   1044.1

Execl Throughput                                 43.0       6900.6   1604.8

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     242531.6    612.5

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      63860.1    385.9

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     487433.0    840.4

Pipe Throughput                               12440.0    3610466.8   2902.3

Pipe-based Context Switching                   4000.0     689928.5   1724.8

Process Creation                                126.0      18318.5   1453.8

Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       8476.2   1999.1

Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1345.5   2242.4

System Call Overhead                          15000.0    5127418.0   3418.3

========

System Benchmarks Index Score                                        1447.2

[Linux] Unixbenchを使ってみた

2010 年 9 月 2 日 木曜日

さくらインターネットの社長ブログを見ていて、UnixBenchなんてものがあるのねーと。

「さくらのVPS」を使ってみる (さくらインターネット創業日記)
http://tanaka.sakura.ad.jp/archives/001061.html

そんなわけで、社内のCentOSサーバー1号でUnixBenchをまわしてみることにした。
makeでコケたけど、このブログ様情報に救われた。

今さらながら、unixbench (Soukaku’s HENA-CHOKO Blog)
http://www.downtown.jp/~soukaku/archives/computers/linux/2009/07/23-2010.html

結構時間かかるね、1時間近くかな。スペックにもよるかも。
下はそのアウトプット。1CPUは982点、2CPUだと1566点。
さくらインターネットさんのVPSに負けてるな。

Version 5.1.2                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith, Sunnyvale, CA, USA

December 22, 2007                  johantheghost at yahoo period com

1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput  1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation  1 2 3

1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

2 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Execl Throughput  1 2 3

2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

2 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Process Creation  1 2 3

2 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

========================================================================

BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

System: www.******.***: GNU/Linux

OS: GNU/Linux — 2.6.18-164.11.1.el5 — #1 SMP Wed Jan 20 07:39:04 EST 2010

Machine: i686 (i386)

Language: en_US.utf8 (charmap=”UTF-8″, collate=”UTF-8″)

CPU 0: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8400 @ 3.00GHz (5985.3 bogomips)

Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, Intel virtualization

CPU 1: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8400 @ 3.00GHz (5985.0 bogomips)

Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, Intel virtualization

10:50:30 up 5 days, 16:36,  1 user,  load average: 0.01, 0.00, 0.00; runlevel 3

————————————————————————

Benchmark Run: 木  9月 02 2010 10:50:30 – 11:18:43

2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       12278112.4 lps   (10.0 s, 7 samples)

Double-Precision Whetstone                     2762.9 MWIPS (10.0 s, 7 samples)

Execl Throughput                               4514.5 lps   (30.0 s, 2 samples)

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        414632.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          110888.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1071218.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)

Pipe Throughput                              618723.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

Pipe-based Context Switching                 246557.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

Process Creation                              13433.3 lps   (30.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (1 concurrent)                   7502.4 lpm   (60.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (8 concurrent)                   1629.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)

System Call Overhead                        1072794.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX

Dhrystone 2 using register variables         116700.0   12278112.4   1052.1

Double-Precision Whetstone                       55.0       2762.9    502.3

Execl Throughput                                 43.0       4514.5   1049.9

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     414632.0   1047.1

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     110888.0    670.0

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1071218.6   1846.9

Pipe Throughput                               12440.0     618723.7    497.4

Pipe-based Context Switching                   4000.0     246557.2    616.4

Process Creation                                126.0      13433.3   1066.1

Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       7502.4   1769.4

Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1629.2   2715.3

System Call Overhead                          15000.0    1072794.2    715.2

========

System Benchmarks Index Score                                         982.3

————————————————————————

Benchmark Run: 木  9月 02 2010 11:18:43 – 11:46:57

2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       24401398.4 lps   (10.0 s, 7 samples)

Double-Precision Whetstone                     5448.8 MWIPS (10.0 s, 7 samples)

Execl Throughput                               8990.2 lps   (30.0 s, 2 samples)

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        437361.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          113706.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1330998.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)

Pipe Throughput                             1254411.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

Pipe-based Context Switching                 498565.5 lps   (10.0 s, 7 samples)

Process Creation                              27242.8 lps   (30.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (1 concurrent)                  11439.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)

Shell Scripts (8 concurrent)                   1718.9 lpm   (60.0 s, 2 samples)

System Call Overhead                        2071997.0 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX

Dhrystone 2 using register variables         116700.0   24401398.4   2091.0

Double-Precision Whetstone                       55.0       5448.8    990.7

Execl Throughput                                 43.0       8990.2   2090.7

File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     437361.3   1104.4

File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     113706.9    687.1

File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1330998.3   2294.8

Pipe Throughput                               12440.0    1254411.2   1008.4

Pipe-based Context Switching                   4000.0     498565.5   1246.4

Process Creation                                126.0      27242.8   2162.1

Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4      11439.5   2698.0

Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1718.9   2864.8

System Call Overhead                          15000.0    2071997.0   1381.3

========

System Benchmarks Index Score                                        1566.8

[Apache] ユーザーのホームディレクトリで403エラー

2009 年 5 月 12 日 火曜日

最近はLinuxサーバー構築をやっています。
そこで数日悩んだネタ。

Linux(CentOS)でユーザーmofmofを登録し、
そのユーザーディレクリ内の/home/mofmof/public_html/を
外部に公開しようと思いました。
いろいろな本に書いてある通り、下記設定を行いました。 

1./etc/httpd/conf/httpd.conf で、以下の記述を。

<IfModule mod_userdir.c>
  #UserDir disable
  UserDir public_html
</IfModule>

2. /home/mofmof のパーミッションを変更。

chmod 755 /home/mofmof
chmod 755 /home/mofmof/public_html 

これでもうまくいかないので、ウンウンなやんでいたけど。
こんなのあるんだね。

3./home 以下のタイプラベルを初期化

restorecon -R /home 

これで接続できるようになった。

元ネタ:http://chaos.kisarazu.ac.jp/~ishikawa/cgi-bin/d-board/file/058-10d-FC3-httpd.pdf

[EC-CUBE] 管理画面パスワードを変更する

2009 年 3 月 23 日 月曜日

別にパスワードを忘れたわけじゃないですよw
適当なパスワードを設定しておいたので、
もう少し桁数の多いパスワードに変えようとして、
ちょっと悩んだので、メモ。 

ネタ元はこちら。

管理者パスワードについて(Happy Quality)

多分この説明を読めばわかるね。
いじる前に、現在のパスワードと、AUTH_MAGICはメモしておいたほうが良し。 

[EC-CUBE] ヘッダーに検索窓を設置する

2008 年 12 月 5 日 金曜日

たまたま描いたショップ用デザインで、ヘッダーに検索窓を置いた。
そんなわけで、商品検索ブロックをヘッダーに持っていこうとするが、これがうまくいかない。

ヘッダーブロック内のコードを、ヘッダー部にコピペするが、
<!–{html_options options=$arrCatList selected=$category_id}–>
の部分が変数展開されず、登録した商品カテゴリが表示されない。
「商品カテゴリから選ぶ」を消せば話は簡単だが、敗北感が。

ジタバタしてたら、下記情報をヒントにクリアできた。

ヘッダーに検索をつけるには(EC-CUBE開発コミュニティ)

Smartyは概念は理解したけど、まだいじれないな。

[EC-CUBE] テンプレート追加でテンプレートファイルのアップロードがどうしてもできない

2008 年 12 月 5 日 金曜日

EC-CUBEをいじくる場合、テンプレートを編集することが必須になる。
まずは下のリンクのページに従って、デフォルトテンプレートをダウンロード。
ダウンロードしたテンプレートを別名保存し、アップロードを試みるが。

EC-CUBEマニュアルサイト デザインテンプレート追加

これがうまくいかない。丸一日ほどもがいた。
結果として使用していたサーバーのupload_max_filesizeが
2Mだったのが原因のようだ。

デフォルトテンプレートは、2.9Mほどあった。
画像ファイルを一旦捨て1.9Mにしてから、アップロードすればうまくいった。
あとで画像だけをuser_dataディレクトリに入れ直しでOK。 

EC-CUBE 実験中

2008 年 12 月 5 日 金曜日

前からよく目にしていたEC-CUBE。
そのうちチャレンジしたいと思っていたが、いい機会が来た。
ってなわけでEC-CUBEをぼちぼちとね。

データベースをphpmyadminから作ったりで、
ちょっと敷居高めだったけど、インストールが済んでからは順調。
ソースを公開してくれたロックオン様には感謝、感謝。 

Borland C++ Compiler version 5.5 のダウンロード

2008 年 12 月 5 日 金曜日

C言語をちょっと勉強してみたくなって、寄り道。
「これならわかるC 入門の入門」という本を読んでる。
コンパイラのインストールも無事終わった、ホッ。

Borland C++ Compiler version 5.5のダウンロードURLが
変わっていたようなので、ちょっと困ったね。 
初心者にはこういうちょっとしたことでも壁になる。

http://dn.codegear.com/jp/article/20633

本と同様に使えたよ。

MySQLに値をセットする時に文字化けする

2008 年 9 月 30 日 火曜日

なんかこんなのばっか;;
半日ほど悩んだけど、このブログ様に助けられた。
Thanxxxxxx !!!

薬箱   Just another WordPress weblog

一応ちょびっとつけたし。
MySQL側の文字コードを調べるには、
PhpMyAdminでデータベースを選択し、
「SQL」画面で以下のようにやる。

SHOW VARIABLES LIKE ‘char%’ ; 

結果は、こんな感じ。

んで、PHP側からチェック。適当コード。 

$rez = mysql_query("SHOW VARIABLES LIKE 'char%' ;") ;

while($kekkaz = mysql_fetch_array($rez)){
echo $kekkaz[1] ;
echo $kekkaz[2] ;
echo "<br /><br />" ;
}

こんなん出ました。

んでデータベースに接続する度に下記コードを入れておく。

mysql_query("SET NAMES utf8") ;

そうするとこんなんになった。
文字化け解消。ヒデキ、感激。
データベースにアクセスする度に定義することがポイント。